Field Recording
Handy Video Recorder
Live Sound + Recording
Digital Instrument
Audio Interface
Multi-Track Recorder
Guitar
Acoustic
Bass
MultiStomp
ニュースに戻る

ZOOM F4、Ambeo VRマイクによる360°空間音声の収録に対応

ゼンハイザー社のAMBEO VRマイクに対応する、ZOOMのマルチトラックフィールドレコーダー『F4』の最新ファームウェア・バージョン2.0をリリースしました。


F4バージョン2.0では、AMBEO VRマイクに代表されるAmbisonics(アンビソニックス)方式で収音された360°空間音声の信号モニターとレコーディングが可能に。また、AMBEO VRマイク内蔵の4つのマイクカプセルのゲイン調整が1つのノブで同時に行えるようになります。

対応するAmbisonicsフォーマットは、以下の通り。録音ファイルは、4チャンネルWAV形式のポリファイルで保存されます。

● FuMa
● Ambix
● Ambisonics A (Stereo Monitor)
● FuMa + Ambix
● FuMa + Ambisonics A
● Ambix + Ambisonics A

 

さらに、最新ファームウェアでは、以下の新機能が追加されています。

 

  • 特定のトラックの入力音を録音せずにモニターする
  • ヘッドフォン出力に送る信号の設定を複数保存する (Headphone Routing)
  • ホールドするキーを設定する (Key Hold Target)
  • F4の設定をバックアップ/ ロードする (Backup/Load Settings)
  • レベルメーターの目盛りを設定する (Reference Level)
  • 長時間録音時にトータルの録音時間を表示する (Time Counter)
  • アンビソニック録音時のマイクポジションを設定する (Mic Position)

 

軽量でポータブルなフィールドレコーダー『F4』とゼンハイザーのAMBEO VRマイクの組み合わせにより、VRコンテンツ用360°空間音声の収録がこれまで以上に簡単かつスムーズに。最新ファームウェアで追加された新機能の詳細は、F4 Version 2.0追補マニュアル(PDF)をご参照ください。

 

F4の最新ファームウェア(v2.0)をダウンロード
 

※ ファームウェアのアップデート方法については、F4取扱説明書の148ページをご参照ください。

 

© 2017 ZOOM Corporation. All Rights Reserved.

ニュースに戻る