Field Recording
Handy Video Recorder
Live Sound + Recording
Digital Instrument
Audio Interface
Multi-Track Recorder
Guitar
Acoustic
Bass
MultiStomp
Vocal
ニュースに戻る

田中光栄: A1 FOURハーモニカ用パッチメモリ

ハーモニカ奏者の田中光栄が作成した、A1 FOUR / A1X FOUR用パッチメモリを、専用アプリケーション「Guitar Lab」からリリースしました。

日本のジャズハーモニカのパイオニアであり、アジアのジャズ・ブルースハーモニカシーンをけん引する国際的ハーモニカ奏者。15歳で10ホール・ダイアトニック・ハーモニカ(ブルース・ハープ)を始める。20代半ばまではブルースやR&Bを中心に演奏。20代後半からクロマチック・ハーモニカも習得しジャズを中心に演奏、その後オリジナル曲も作曲。2種類のハーモニカを自在に操り、ジャンルレスで吹きこなす個性際立つスタイル。特にそのソウルフルかつ繊細でメローな音色と深い表現力は他に類が無い独自のもので世界中のハーモニカシーンから絶賛されている。アメリカの「SPAH」やアジア諸国など、世界的なハーモニカフェスティバルのステージに毎年出演している。


 

田中光栄パッチメモリとそのコメント

  • Hm Blsette - Hm Preampを使ったナチュラルなハーモニカ用サウンド。
  • Hm Mellow - Hm A.Wahを使ったメローなムードのハーモニカ用サウンド。
  • Hm ChrmDRV - Hm ChorusとTS Driveを使った分厚く温かいクロマチックハーモニカ用オーバードライブサウンド。
  • Hm FunkOct - DualPitchとBassA-Wahを使ったファンキーなハーモニカ用サウンド。
  • Hm 545&TWD - Hm GEQでShure 545SDをシミュレートしたダイアトニックハーモニカ用ブルースロックサウンド。

 

 

追加パッチメモリは、専用アプリ「Guitar Lab」からダウンロードできます。

 

 

* 文中の製品名、登録商標、会社名は、それぞれの会社に帰属します。文中のすべての商標および登録商標は、それらの識別のみを目的として記載されており、各所有者の著作権を侵害する意図はありません。

 

© 2019 ZOOM Corporation. All Rights Reserved.

ニュースに戻る