Field Recording
Handy Video Recorder
Live Sound + Recording
Digital Instrument
Audio Interface
Multi-Track Recorder
Guitar
Acoustic
Bass
MultiStomp
Vocal
ニュースに戻る

米澤美玖: A1 FOURサックス用パッチメモリ

テナーサックス奏者の米澤美玖が作成した、A1 FOUR / A1X FOUR 用パッチメモリを、専用アプリケーション「Guitar Lab」からリリースしました。

テナーをメインに、時に渋く、時にアグレッシブな演奏を聴かせ、今最も注目されている若手女性サックス奏者。トップクラスのミュージシャンとのリーダーライブのほかビックバンドでデヴィッド・マシューズとの共演やGLAYのTAKUROのツアーにも参加している。リーダー作はインディーズで5 枚リリースの後、2019年4月にメジャー第1作目となる『Exotic Gravity』をキングレコードよりリリース。


 

米澤美玖パッチメモリとそのコメント

  • SaxAwah - ファンキーなサウンドを演出するオートワウを使ったサウンドです。音の強さ、息の入れ方でフィルターのかかり方が変わるので、様々な表情が出せます。まさに「エフェクトを使っています!」といえるサウンド。
  • SaxDlyRev - バラードにマッチするロングディレイと深めのリバーブをかけたサウンドです。このディレイはテープエコー・タイプの温かいサウンドなので、深めにかけても原音のフレーズがはっきり聞こえるのが特徴です。
  • SaxDown - 原音と1オクターブ下のサウンドが鳴るので、2管でオクターブユニゾンしているようなプレイが可能になります。コンプを併用しているので強弱のニュアンスをつけつつもレベルを一定範囲に収めた演奏が可能です。
  • HyperSolo - ギターアンプのスピーカーシミュレータでサウンドに癖をつけつつ、コーラスで厚みを加え、さらにロングディレイを1回のみ大きめに返しています。4分音符や付点8分音符のタイミングで演奏するのがオススメです。
  • BassyWah - 1オクターブ下のサウンドだけが出る設定にアタックフィルター(SaxAtkFlt)をかけているのでオートワウのようなサウンド変化もつきます。シンセベースのようなサウンドがでるので、ベースとしてもソロ演奏にも使えます。

 

 

 

追加パッチメモリは、専用アプリ「Guitar Lab」からダウンロードできます。

 

 

* 文中の製品名、登録商標、会社名は、それぞれの会社に帰属します。文中のすべての商標および登録商標は、それらの識別のみを目的として記載されており、各所有者の著作権を侵害する意図はありません。

 

© 2019 ZOOM Corporation. All Rights Reserved.

ニュースに戻る