Field Recording
Handy Video Recorder
Live Sound + Recording
Digital Instrument
Audio Interface
Multi-Track Recorder
Guitar
Acoustic
Bass
MultiStomp

まるでカメレオンのように、あらゆる状況に即座に対応

人生は選択の積み重ね。レコーディングもまた同じ。
用途に応じて選べるマイクオプション群。これこそが、他の一般的なレコーダーと一線を画す『H6』の大きなアドバンテージです。一眼レフカメラのレンズを交換するのと同じ感覚で、求めるサウンドに応じた最適なマイクを選んで付け替えるだけ。プロフェッショナルなレコーディングが、かつてないほどハンディに行えます。

XYH-6 XYステレオマイク

大口径ダイヤフラムを搭載

XYステレオレコーディング:それは、センターの音をしっかりと捉えつつ、低域から高域まで左右の分離の良い録音を実現する、最も代表的なステレオ録音テクニックです。自然な奥行きと広がりをもった立体的なサウンドで、特定の音源を狙った近~中距離の録音に最適です。

XYH-6 XYステレオマイク

このプロフェッショナルなXYステレオレコーディングが、標準付属のマイクカプセル『XYH-6』を取り付けるだけで、誰でも簡単に行えます。

このマイクカプセルには、クラス最高の14.6mmの大口径ダイヤフラムが採用され、最大136dB SPLの音圧でも歪みのないクリアなサウンドを録音することが可能。大音量のロックコンサートも安心して収録できます。

但し、XYマイキングによるステレオ録音をモノラルで再生すると、マイク1本で収録した通常のモノラル録音よりも音量レベルが大きくなってしまいます。そのため、テレビやラジオなどの放送用途でモノラル音源としても使用される可能性がある場合は、次に紹介するMid-Side(MS)マイキングがお勧めです。

XYマイクカプセル『XYH-6』では、2基のマイクの角度を90度から120度に簡単に変更することができ、XY方式でよりワイドなステレオサウンドをレコーディングすることも可能です。(特許第4753978号)

ステレオ指向角を切替可能

MSH-6 MSステレオマイク

ステレオ幅を自在に可変

MSステレオレコーディング:それは、ステレオ音像の広がりを自由自在に変更することができるレコーディング・テクニック。ワイドなステレオイメージを捉えることができるMSマイクは、音源が複数ある広く開放的な空間での録音、例えばオーケストラやライブコンサート、サウンドスケープの収録に最適です。

MSH-6 MSステレオマイク

このプロフェッショナルなMSステレオレコーディングが、標準付属のマイクカプセル『MSH-6』を取り付けるだけで、誰でも簡単に行えます。

MSマイクカプセル『MSH-6』は、センターの音を拾う単一指向性のMid マイクと、左右の音を拾う双指向性のSide マイクによって構成されています。Side マイクのレベルを調節することで、ステレオ幅を自在に可変できるMS-RAW モードで録音すれば、録音後にステレオ幅を調整することも可能です。

このMid-Sideテクニックは、ルームアンビエンスの量を調整したい場合にも非常に効果的。スタジオレコーディングでも使われますし、その自由度の高さからリハーサルやライブレコーディングでも広く使われています。

さらに、Side マイクをオフにすれば、インタビューやナレーション、会議などに適したモノラル録音を行うこともできます。

MSマイクカプセルの中には、以下の図のようにMidマイクとSideマイクが内蔵され、Sideマイクのレベルを調節することでステレオ幅をコントロールできます。

ステレオ幅を自在に調節

XYH-5 XYステレオマイク

ショックマウント搭載XYマイク

XYH-5 XYステレオマイク

別売マイクカプセル『XYH-5』は、マッチング済みの単一指向性コンデンサーマイク2基を90ºのアングルでクロスさせた本格仕様のXYステレオマイクです。左右の正確な音像定位だけでなく、前後の奥行き感まで忠実に再現した、自然で立体的なステレオイメージを収録することができます。さらに、防振ゴムを使用した新開発のショックマウント機構を装備。マイクケースが直接ダイキャスト製の台座に接触しないフローティング構造を採用し、外部からの物理的な振動が直接マイクに伝わるのを防ぎます。これにより、レコーダー本体やDSLR等のハンドリングノイズを最小限に抑えることが可能になりました。 また、『XYH-5』はZOOMハンディレコーダー史上最高の最大140dB SPLの耐音圧を実現。これは、わずか50メートル先のジェット機の爆音を、歪みなく捉えるほどの高耐圧設計。よりラウドに、より近くへ、よりクリアに。ポータブル・レコーディングの常識を覆す、かつてないレベルの高品位なレコーディングを実現します。

SGH-6 ショットガンマイク

超指向性ショットガンマイク

別売マイクカプセル『SGH-6』は、周囲の雑音を抑えて狙った音をしっかりとクリアに捉える超指向性のショットガンマイクです。『H6』を映画やビデオ、劇場、ニュース取材などプロユースの音声収録に適した、パーフェクトなオーディオレコーダーとして使用できます。

SGH-6 ショットガンマイク

カプセル内部の3つのマイクと『H6』本体での先進的なDSP処理技術により、『SGH-6』は物理的な音響管を用いた一般的なショットガンマイクと比較して、その鋭い指向特性と優れた周波数特性を維持しながら、全長は約半分の長さに抑えられています。 ショットガンマイクは、スピーチをしている人をビデオで収録する際によく使われます。例えば、話者にピンマイクを付けられない場合や、ビデオカメラの背後から話者の声を狙う場合に活躍します。

SGH-6 ショットガンマイク

但し、ショットガンマイクはカメラの望遠レンズのようなことはできませんのでご注意ください。音源からの距離が短い場合には申し分のない効果を発揮しますが、音源からの距離が約1メートルを超えると収録したサウンドに距離感が出てきます。距離が離れるにつれてアンビエンス成分が増えていきますので、音源からあまり離れすぎない位置から収録するのがよい音で録るためのポイントです。

EXH-6 XLR/TRS コンボ入力

マイク/ライン入力を増設

さらに多くのインプットが必要な場合は、別売オプションのXLR/TRSコンボ・カプセル『EXH-6』をお使いください。『EXH-6』は、外部マイクやラインレベルの楽器、ミキサー、音楽プレイヤーなどからの別々の信号を入力でき、『H6』をコンパクトな6トラックレコーダーとして使用できます。 ※『EXH-6』は、ファンタム電源の供給には対応していません。

EXH-6 XLR/TRS コンボ入力

XLR/TRSフォーン入力にはマイクレベルからラインレベルまでの幅広い信号を入力でき、外部マイクはもちろん、PAミキサーや音楽プレイヤー、キーボードやアクティブタイプのギターやベースの接続にも対応。XLRコネクタは業界標準の2番ホットを、TRSコネクタはTIPホットを採用しています。

各インプットには個別のゲインコントロールノブが用意され、録音現場での確実で素早いレベル合わせをサポートします。-20dBのPADスイッチにより、プロ機器が採用する+4dBのラインレベルも歪みなく入力できます。なお、ファンタム電源の供給には対応していないため、コンデンサーマイクは使用できません。予めご注意ください。

Zoom H6 Capsules