Field Recording
Handy Video Recorder
Digital Instrument
Audio Interface
Multi-Track Recorder
Rhythm Machine
MultiStomp
Guitar
Acoustic
Bass
Zoom H2n Handy Recorder

フィールドレコーディングのマストアイテム The Zoom H2n Handy Recorder

H2nハンディレコーダーは、XYステレオ、MSステレオ、2チャンネルサラウンド、4チャンネルサラウンドの4タイプのレコーディングモードを備えた唯一のポータブルレコーダー。また、オートゲインコントロールやコンプレッサーやリミッター、ローカットフィルター、MSデコーダーも内蔵。さらに、PC/MacのUSBマイクとしても機能します。

 

オープン価格

幅広いシチュエーションに対応

MSステレオマイクとXYステレオマイクを搭載し、さらにサラウンド録音機能も備えるH2nは、幅広いシチュエーションでその威力を発揮します。以下は、そのほんの一例です。:
 

  • ステレオまたはサラウンドで、コンサートやリハーサルのライブ録音に
  • ビデオ撮影時のオーディオレコーダーとして
  • 講義やインタビューを記録するボイスレコーダーとして
  • ポッドキャスティングの収録に
  • PC/MacのUSBマイクとして
 

XYマイク+MSマイク

H2nは、XYマイクとMS(ミッドサイド)マイクの2種類を搭載しています。これらを使い分けてXYステレオ方式またはMSステレオ方式のレコーディングを行え、組み合わせることで2チャンネル/4チャンネルのサラウンドレコーディングも行えます。

Zoom H2n Handy Recorder - overhead

MSレコーディング

MSレコーディングは、録音後にステレオの広がりを調整できる驚異的なテクニックです。しかも、モノラルに完全対応できるため、映画やビデオ作品、テレビ番組の音声収録に重宝します。

MSマイクは、正面方向の音を捉える単一指向性のミッドマイク、左右からの音を捉える双指向性のサイドマイクを組み合わせています。

Illustration - Mid-Side Recording

H2nの内蔵MSデコーダーを使用すれば、MidおよびSideのレベルを録音中はもちろんのこと、ポストプロダクションなど録音後にも調整することができます。Sideのレベルを上げていくとステレオ感が増していきます。

XYレコーディング

XYレコーディングは、センター定位の音像はクリアなまま、ワイドなステレオ空間を収録できるテクニックで、あらゆるタイプのステレオレコーディングに最適です。

H2nの内蔵XYマイクは2本のマッチング済みマイクを、ほとんどのステレオレコーディングに最適な90ºにセットしています。

Illustration - X/Y Recording

Zoom H2n Handy Recorder - Top half

サラウンドレコーディング

H2nでは、XYマイク、MSマイクを組み合わせ、前面だけでなく360°全方位から音が迫り来るようなサラウンド録音が行えます。

2チャンネルモードではH2nの全マイクからのサウンドをミックスしたステレオファイルが作成され、4チャンネルモードではXYマイクで集音したステレオファイルと、MSマイクで収音したステレオファイルの2ファイルが作成されます。各トラックの信号をそれぞれのスピーカーに接続して再生してサラウンド空間を再現したり、ステレオトラックにミックスすることもできます。また、どちらのモードでもH2nに内蔵のMSデコーダーを使用して、MSマイクのサイドマイクのレベルを調整することも可能です。

Illustration - Mid-Side + X/Y Recording

VR動画向けの空間音声

4チャンネルのサラウンド録音が可能な唯一のハンディレコーダー『H2n』は、
最新ファームウェア Ver.2.0へのアップデートにより、360°/VR動画用の
空間音声(Spatial Audio)”の収録が可能になります。 
 
Ver.2.0に搭載された「Spatial Audio」モードでは、オムニ、左/右、前/後の
各トラックを含んだマルチトラックWAVファイルを生成可能。この録音ファイルを、
GoPro OdysseyまたはRicho Thetaなどで撮影された360°/VR動画に
組み込んでYouTubeにアップロードすれば、視点の移動に合わせて音像も
移動する、より没入感のある動画コンテンツを作成できます。  



※ 空間音声を再生するには、バージョン4.2以降のAndroid端末でYouTube Androidアプリを使用する必要があります。



 

H2nと空間音声に関する参考Webページ:

 

インプット/アウトプット

H2nのライン入力は3.5mmステレオミニジャック仕様で、2チャンネルのマイクやラインレベルの信号を入力できます。また、2.5Vプラグインパワーにも対応していますので、エレクトレット型コンデンサーマイクを接続することもできます。マイクゲインはアナログスタイルのボリュームで、各入力レベルをマニュアル調整できます。また、録音レベルを自動的に最適化できる3タイプのオートゲイン機能も内蔵しています。
 

ライン出力は3.5mmミニステレオジャックで、専用ボリュームコントロール付きです。ヘッドフォンもこの端子に接続でき、レコーディング中の入力レベルや録音レベルのモニタリングに最適です。また、本体背面にモノラルスピーカーを内蔵していますので、録音後に何も接続することなく、すぐに録音をチェックすることができます。
 

H2nのUSBポートは、ステレオミックスなどのデジタルデータをコンピュータに転送する際に使用でき、付属のWaveLab LEなどのオーディオ編集ソフトなどにデータを簡単に転送できます。また、USBポートを使用して、2イン/2アウトのUSBオーディオインターフェイスやUSBマイクとして使用することも可能です。

プリレコード/オートレコード

プリレコード機能
録音の準備が整わないうちにインタビューが始まってしまった…。ケーブルをチェックしている間に指揮者がタクトを振り始めてしまった…。出演者が台本よりも早いタイミングでカメラの前に出てしまった…。どれも、録音担当者にとっては悪夢の瞬間です。

H2nならそんな悪夢を見ることもありません。プリレコード機能により、録音ボタンを押す2秒前*からバックグラウンドで常に録音していますので、貴重な瞬間も逃さずレコーディングできます。

*4CHサラウンドモード/96kHzサンプリング設定時は、1秒前からの録音になります。

 

オートレコード機能
オートレコード機能は、入力信号が設定したレベルを超えると自動的に録音がスタートする機能です。また、入力信号が設定したレベルを下回ると自動的に録音が停止するオートレコードストップ機能も内蔵しています。 

 

豊富な内蔵エフェクト

録音したオーディオにさらに磨きをかけたり、録音環境での制限や問題などを解消したい場合、H2nの内蔵エフェクトが強い味方になってくれます。
 

コンプレッサーやリミッターは、自動ボリュームコントロールのように音量のバラツキを均一化するのに役立ちます。この2つの最大の違いは、リミッターのほうがよりシビアにレベルを抑える点にあります。

ローカットフィルターを使えば、設定した周波数以下の帯域をカットできます。例えばポップノイズや風などによるマイクの「吹かれ」、他にもマイクスタンドからの共振など低域での暴れによるノイズをカットできます。
 

また、楽器のチューニングや練習に便利なメトロノームやクロマティック/ギター/ベースチューナーを内蔵しています。さらに、ループ再生やピッチを変えることなく再生スピードを調整したり、再生スピードを変えずにピッチだけを変えることも可能ですので、フレーズトレーニングにも活用できます。

 

対応ファイルフォーマット

 

The Zoom H4n battery life

 

H2nは、WAVとMP3の2種類のファイル形式に対応しています。この2つの大きな違いは、WAVファイルは非圧縮で、録音したデータは間引きされずすべて記録されます。H4nでは16/24ビット、サンプリングレートは44.1、48、96kHzでのWAVファイル録音ができ、自動的にタイムスタンプも入り、Broadcast WAVフォーマット(BWF)に準拠しています。これは特にビデオとの同時収録した場合のポストプロダクション時に映像と音声の同期に欠かせないものです。
 

一方のMP3は圧縮形式で、不要なデータをカットした状態で記録され、WAV形式と比較してファイル容量をはるかに小さくすることができます。これによりネットへのアップやダウンロードが簡単に行なえます。また、MP3は圧縮率によっては原音に対して音質上不利だという側面もありますが、多くの場合はほとんど気にならないレベルです。
 

H2nでは、WAVファイルをMP3ファイルに簡単に変換することができるほか、4チャンネルサラウンド録音をした2つのステレオファイルを内蔵ミキサー機能で各トラックのレベルや定位を設定して1つのステレオファイルにミックスすることも可能です。

 

バッテリー寿命と録音時間

 

 

Zoom H4n Battery Life

 

H2nは単三電池2本で動作し、アルカリ乾電池または充電式ニッケル水素電池(NiMH)どちらも使用できます。電池寿命はアルカリ乾電池を使用し、連続録音をしていても実に20時間以上の長寿命。また、オプションのACアダプターAD-17を使用すれば、コンセントからの電源も使用できます。
 

H2nの録音データは、SDカードにダイレクトに記録されます。カードはSDカードもしくはSDHCカードが使用でき、最大32GBのカードまで使用できます。以下の表は、SD/SDHCカード容量別、録音ファイル形式別の最大録音時間をまとめたものです。

 

ステレオモード

H2n SD Card - Stereo Mode

 

4チャンネル・サラウンドモード

H2n SD Card - 4 Channel Mode

 

※各録音時間は、目安です。 ※1ファイルの最大容量は2GBです。

USBマイクとして利用可能

USBオーディオ・インターフェース機能を搭載し、パソコンに直接音声を入力する USBマイクとして利用可能。録音と編集が可能なスタインバーグの『WaveLab LE(無償ダウンロード版)』を使用すれば、ポッドキャスト番組の制作も手軽に始められます。また、SDカードリーダー機能で、録音ファイルをパソコンに転送することも可能です。 

 

DAWソフトを無償バンドル

ZOOMのハンディレコーダーには、スタインバーグ製の音楽制作ソフトCubase LEと、オーディオ編集ソフトのWaveLab LEのダウンロードライセンスが無償バンドルされています。USBオーディオインターフェイス機能を使用して音楽制作をする場合や、録音済みの音源をさらにプロレベルの音に仕上げたい時、世界中のクリエイターが愛用している最先端でパワフルなDAWソフトを無償ダウンロードしてご利用いただけます。

 

現在の無償バンドルソフト:
Cubase LE8 (Mac OS X 10.9 / 10.10 / 10.11用、Windows 7 / 8 / 8.1 /10用)
WaveLab LE9 (Mac OS X 10.10 /10.11用、Windows 7 / 8 / 8.1 / 10用)

 

無償バンドルソフトのダウンロードについては、スタインバーグ製ソフトウェアのサポートページをご参照ください。

主な特長

  • MSステレオ、XYステレオ、2チャンネル/4チャンネルサラウンドの4タイプの録音モード
  • アナログタイプのマイクゲインボリュームを装備
  • 入力ゲインを自動調節して一定の音量レベルに整えるオートゲイン機能
  • ステレオミニジャック仕様のマイク/ライン入力(2.5Vプラグインパワーに対応)
  • ステレオミニジャック仕様のライン出力/ヘッドフォン端子
  • 録音内容のチェックに便利な内蔵モノラルスピーカー
  • 大型1.8インチ、バックライト付きLCD
  • 最大32GBまでのSD/SDHCカードに録音データをダイレクトに記録
  • 最高24ビット/96kHzのBWF準拠WAVファイル、または各種MP3フォーマットに対応
  • オートレコード機能、プリレコード機能を内蔵
  • WAVファイルからMP3ファイルへのエンコード機能
  • 4トラックサラウンドをステレオにミックスできる内部ミックスダウン機能
  • 各録音ファイルに最大99カ所のマーキングが可能
  • コンプレッサーやリミッター、ローカットフィルターの内蔵エフェクト
  • MSデコーダー機能
  • ノーマライズ(音量を最大化)、ディバイド(ファイル分割)機能
  • クロマティックチューナー、メトロノームを内蔵
  • 区間指定を自由に行えるループ再生機能
  • ピッチを変えずに再生スピードだけを50%〜150%の範囲で変更可能
  • 再生スピードを変えずにピッチだけを変更可能
  • コンピュータとのデータ転送やUSBマイクとして使用できるUSBポートを装備
  • PC/Mac用の2イン/2アウトのUSBオーディオインターフェイスとしても使用可能
  • SDカードリーダー機能
  • 市販のカメラ用三脚やDSLRにマウント可能
  • 単三アルカリ乾電池または充電式ニッケル水素電池(NiMH)2本、またはACアダプター(AD-17:USB-ACタイプ)で動作
  • 最長20時間以上の電池寿命(アルカリ単三乾電池使用の場合)
 

アクセサリ

H2nパッケージには、以下のものが同梱されています。

  • 取扱説明書
  • 2GB SDカード
  • 単3アルカリ電池 × 2本
  • Steinberg Cubase LE (ダウンロード・ライセンス)
  • Steinberg WaveLab LE (ダウンロード・ライセンス)

 

別売アクセサリ

  • APH-2 アクセサリ・パッケージ
    • ヘアリーウィンドスクリーン
    • リモートコントローラ
    • ソフトケース
    • マイククリップ・アダプタ
    • デスクトップ三脚
    • ACアダプタ
    • USBケーブル

Media

Video

H2n PRODUCT DEMO

Specs

General
記録メディア:

SD/SDHCカード(最大32GB)

内蔵メモリ:

96kbps 固定 【MP3】 ※ 1 分録音可能、上書き録音のみ

内蔵マイク:

MSステレオ方式、90° XYステレオ方式

モード:

MS / XY / MS+XY 4CH:MS+XY

マイクロホン:

単一指向性(XY、MS のMid マイク)


双指向性(MS のSideマイク)

最大入力音圧レベル:

120dB SPL (単一指向性)


122 dB SPL  (双指向性)

記録フォーマット
ステレオ非圧縮PCM:

44.1/48/96kHz 16/24bit【 WAV】 ※ BWF対応

圧縮フォーマット(録音):

48 / 56 / 64 / 80 / 96 / 112 / 128 / 160 / 192 / 224 / 256 / 320kbps、
サンプリング周波数:44.1kHz 【MP3】※ MS-RAW 時非対応

圧縮フォーマット(再生):

32 / 40 / 48 / 56 / 64 / 80 / 96 / 112 / 128 / 160 /192 / 224 / 256 / 320kbps、
サンプリング周波数:44.1 / 48kHz 【MP3】

非圧縮PCM:

44.1/48kHz 16/24bit ステレオファイル× 2 【WAV】※ BWF 対応

デジタル処理
A/D変換:

24ビット128倍オーバーサンプリング

D/A変換:

24ビット128倍オーバーサンプリング

信号処理:

32ビット

録音時間 (2GB カードの場合):

3 時間8 分(WAV 44.1kHz/16bit)
34 時間43 分(MP3 128kbps)

機能
ローカット:

80Hz HPF

コンプ/リミッタ:

COMP3 種類 LIMITER3 種類

オートゲイン:

自動レベル調整機能

プリREC:

2 秒の録音待機信号先読み

オートREC:

自動スタート、自動ストップ(&継続録音待ち)

チューナー:

クロマチック、ギター、ベース、オープン(A/E/G/D/DADGAD)弦自動判

メトロノーム:

BPM40.0 ~ 250.0 5 音色から選択可能 プリカウント付き

SPEED:

50%~ 150%再生スピード可変

キー・コントロール:

♭ 6 ~♯ 6 再生ピッチ可変 96kHz 時不可

ABリピート:

1 ファイル内の任意ポイント間リピート再生

ディバイド:

ファイル分割機能

ノーマライズ:

ファイル音量最大化機能 MP3 不可

MP3エンコード:

WAV ファイル⇒ MP3 ファイルスタティックエンコード機能

マーカー:

WAV ファイル録音中に99 ポイントまで任意位置にマーク付加可能

サラウンド・ミキサー:

4ch SURROUND 再生時のミックスバランス変更可能

OTHER
ディスプレイ:

バックライト付きグラフィックLCD(128 × 64 ドット)

入力ゲイン:

+0~+39dB

入力端子:

ライン/マイク兼用インプット: ステレオミニジャック(プラグインパワー対応)
入力インピーダンス 2KΩ (入力レベル: 0 ~- 39dBm)

出力端子:

ライン/ヘッドフォン兼用出力ミニステレオジャック

定格出力レベル:

-10dBm・出力負荷インピーダンス10k Ω以上時

ヘッドフォン:

20mW+20mW(32 Ω負荷時)

内蔵スピーカー:

400mW 8 Ωモノラルスピーカー

USB:

ミニB タイプ

USB 2.0 high speed:

オーディオインターフェース動作

USB 1.0 full speed:

サンプリングレート 44.1/48kHz ビットレート 16bit
※バスパワー動作を保障

電源:

DC 5V 1A USB Type AD-17 使用、単三電池2本動作
※アルカリ乾電池、44.1kHz/16bitWAV での連続録音20 時間以上

機構特徴:

三脚穴、ストラップ穴
 

外形寸法 :

67.6(W)× 113.85(H)× 42.7(D)

重量:

130g(電池含まず)